I_Cat_D.jpg

NEUMANN > 製品情報 > TLM 193
TLM 193 は、カーディオイド ポーラーパター ンのラージ ダイヤフラム マイクロフォンで す。このマイクロフォンで Neumann は、そ の長い伝統を継続し、手頃な価格でハイエン ドの技術を、ミュージシャン、 ホームレコーディング スタ ジオに提供しています。マイ クロフォンは、トランスレス 回路を使用しており、非常に 低固有ノイズと広いダイナ
ミック レンジを特徴として います。ポーラーパターンは、 広い入射角に対して非常にリ ニアです。したがって、側面 から来るシグナルでさえ、忠 実に、着色せずに再現してい ます。
マイクロフォン カプセルの 露出した表面は、グランド電 位にあり、一般的な干渉や汚 染に対して、高い免疫があります。マイクロ フォンには、スイベル マウントが付属してい ます。



• ラージ ダイヤフラム カーディオイド マイクロフォン
• 圧力傾斜型トランスデューサー
• トランスレス回路
• 非常に低ノイズ:10 dB (A)
• スイベル マウント付属
• プロフェッショナルのスタジオ、ミュージシャン、ホーム レコーディング アプリケーション用に“プラグ アンド プレイ” マイクロフォン
• 中規模の予算のための高品質プロフェッショナル機器


アプリケーション:
TLM 193 は、プロフェッショナルのレコー ディングやライブ アプリケーションに最適な カーディオイド特性を持つマイクロフォンで す。それは、プロフェッショナル プロダクショ ン、ミュージシャンやプロジェクト スタジオ のために理想的なマイクロフォンです。



ポーラーパターン:
TLM 193 は、カーディオイド特性のラージ ダ イヤフラム カプセルを採用しております。



音響的特徴:
TLM 193 は、Neumann ロ ゴ マークの付いた、正面から正 対します。
ヘッドグリル内部のラージ ダ イヤフラム カプセルは、広 い受け入れ角度で、非常にス ムーズな周波数レスポンスを 持っています。カーブは、ピッ クアップ角± 100°以内で 10 kHz までフラットで、0°の周 波数カーブと同じです。

デフューズ フィールドとフリー フィールド 特性は決して相容れないという、物理的な理 由により、TLM 193 は、無指向性の圧力ト ランスデューサーとは異なります。

このマイクロフォンは、すべてのポーラー パターンのために、非常に均一なデフューズ フィールド特性を持っています。異なる方向 から多くの反射がマイクロフォンに到達する ような、残響のある環境でこれは重要です。

マイクロフォンでレコーディングされるとき、アコースティック情報はその音調品質に 影響しません。この特性は、補正の共鳴効果 に頼ることなく達成されます。

したがって、マイクロフォンは、着色なく音 楽や声のすべてのトランジェント現象を再現 する素晴らしいインパルス特性を維持しま す。



電気的な特徴:
頭文字 TLM は “トランスレス マイクロフォ ン” を表しています。TLM 技術により、通常 の出力トランスは電子回路によって置き換え られました。伝統的なトランスと同じように、 優れたコモンモードの拒絶を確実にして、バランス型オーディオシグナルに影響を及ぼす RF 干渉を防ぎます。

他のマイクロフォンと比較して、TLM 193 の固有ノイズレベルは、かなり減らされてい ます。歪なく 140 dB までの音圧レベルを処 理でき、TLM 193 は 130 dB (A-weighted) の ダイナミック レンジを提供します。



安全な操作:
ダイアフラムを含む、マイクロフォン カプセ ルのすべての露出した表面は、グランド電位 にあります。このテクノロジーは、電気およ び大気の干渉と微細な塵粒子を介した汚染に 対して、高い免疫があります。
カプセルは、その操作を妨げる可能性がある すべての構造物ノイズを減衰するために、弾力性をもって マウントされています。TLM 193 のアンプの周波数特性 は、20 Hz までリニアです。 非常に低いバスシグナルは、 着色なく再現されています。 これは、マイクロフォンが構造物干渉やウインドノイズに 敏感であることを意味しま す。LF の干渉を回避するに は、EA 1 エラスティック サスペンション、PS 15 ポップアップ スクリー ンまたは WS 89 ウインドスクリーンを使用 することをお勧めします。


音響的動作原理.................................圧力傾斜型トランスデューサー
指向特性...............................................................................カーディオイド
周波数特性............................................................................ 20 Hz...20 kHz
感度 1 kHz を1 kΩ負荷で.....................................................18 mV/Pa
レーテッド インピーダンス............................................................... 50 Ω
レーテッド 負荷インピーダンス................................................. 1000 Ω
S/N 比, CCIR1) (rel. 94 dB SPL).........................................................73 dB
S/N 比, A-weighted1) (rel. 94 dB SPL)...........................................84 dB
等価ノイズ レベル, CCIR1) ................................................................21 dB
等価ノイズ レベル, A-weighted1) ............................................ 10 dB-A
最大 SPL for THD 0.5%2) ............................................................... 140 dB
最大出力電圧.................................................................................... 13 dBu
マイクアンプのダイナミック レンジ
(A-weighted).................................................................................... 130 dB
動作電圧 (P48, IEC 61938).....................................................48 V ± 4 V
消費電流 (P48, IEC 61938)................................................................3 mA
接続コネクタ.......................................................................................XLR3F
重量......................................................................................................... 480 g
径........................................................................................................... 49 mm
長さ.....................................................................................................175 mm