I_Cat_D.jpg

NEUMANN > 製品情報 > TLM 49
TLM 49 は、カーディオイド指向特性と、特にボーカル パ フォーマンスのために最適化された暖かいサウンドをも つ、ラージ ダイヤフラムのスタジオ マイクロフォンです。 それは、エラスティック サスペンションとセットとして提 供されます。

デザインは、1950 年代の伝説的な M 49 と M 50 マイク ロフォンの影響を受けています。当然のことながら TLM 49 は、典型的な Neumann のファイン マット ニッケル仕 上げです。“サウンド デザイン” もまた M 49 と U 47 志向 です。
そのレトロな外観を実証済みの Neumann トランスレス回 路技術と組み合わせることで、このマイクロフォンは低固有ノイズと高レベルの使用を保証しています。

カーディオイドの指向性です。



アプリケーション:
開発段階中に、TLM 49 は特にボーカルやス ピーチのレコーディングに最適にするため に、広範な実践的なテストでサウンドを調整さ れました。しかし、加えて、プロの制作スタジ オや過酷なホーム レコーディングで、インストゥルメンタルのアプリケーションにも適しています。



ポーラーパターン:
ラージ ダイヤフラム カプセルの TLM 49 は、特別な カプセル構造により、スーパーカーディオイドの性質の カーディオイド指向特性を提供します。M 49 の例に引き 続いて、高周波数はより指向性があります。カプセルの直径は 34 mm です。マイクロフォンのフロントは、マイクロフォンボディにあ る赤の Neumann ロゴが示されています。マイクロフォン が正面に正対されるように、カプセルは正しい位置に置か れています。



音響的な特徴:
TLM 49 は、M 49 および U 47 で使用された有名な K 47 カプセルを使用しています。カプセルは、ミッドレンジま ではリニアな周波数レスポンスです。2 KHz 以上は 3 dB ほど優しくプレゼンスをブーストしています。

カプセルは、音響に非常にオープンであり、それゆえサウ ンドに関して中立的な大きなマイクロフォン ヘッドグリル に囲まれています。



電気的な特徴:
頭文字 TLM は、“トランスフォーマーレス マイクロフォン” を表しています。TLM テクノロジーを用いたことで、通常 の出力トランスは、電子回路によって置き換えられました。伝統的なトランスフォーマーと同様に、それはコモン モー ド排除を確実にして、バランス型オーディオ シグナルに影 響を及ぼす RF 干渉を防ぎます。

バランス型変調ラインに影響を及ぼすノイズシグナルは、 したがって効果的に抑制されます。マイクロフォンは、 129 dB までの音圧レベルで動作でき、117 dB のダイナ ミック レンジを提供します (A-weighted)。



操作上の信頼性:
全体の内部構造は、構造物ノイズの伝達を防ぐために弾力 性をもってマウントされています。加えて、カプセルはゴ ムのショック マウントにて取り付けられています。また、 広い周波数レスポンスにより、TLM 49 は、着色なしの低 周波シグナルを伝送できます。もちろん、これはマイクロ フォンがこの周波数範囲における振動ノイズやウインド ノイズなどのノイズシグナルに敏感であることを意味し ます。

それゆえ、TLM 49 には、構造物ノイズからマイクロフォ ンを効果的に保護するエラスティック サスペンション EA 3 が付属しています。もし、マイクロフォンを近距離で使 用する場合、ポップノイズ防ぐためにマイクロフォンの前 で使用される PS 15 または PS 20 a ポップスクリーンをご使用ください。




特徴
• ボーカル パフォーマンスのために最適化されたサウンド プロファイル
• 伝説的なU 47 のラージ ダイアフラム カプセルを使用した圧力傾斜型トランスデューサー
• カーディオイド特性
• レトロなデザイン
• トランスレス出力回路
• 音響的に非常にオープンなワイヤ メッシュ ヘッドグリル
• エラスティック サスペンションが付属



テクニカル データ
音響的動作原理.................................圧力傾斜型トランスデューサー
指向特性...............................................................................カーディオイド
周波数特性............................................................................. 20 Hz...20 kHz
感度 1 kHz を1 kΩ負荷で.....................................................13 mV/Pa
レーテッド インピーダンス............................................................... 50 Ω
レーテッド 負荷インピーダンス................................................. 1000 Ω
S/N 比, CCIR1) (rel. 94 dB SPL)......................................................... 71 dB
S/N 比, A-weighted1) (rel. 94 dB SPL)........................................... 82 dB
等価ノイズ レベル, CCIR1)................................................................. 23 dB
等価ノイズ レベル, A-weighted1)...............................................12 dB-A
最大 SPL for THD 0.5%2) (THD < 5%2))...........................110 (129) dB
最大出力電圧 for THD 5%2)..........................................................–1 dBu
Dynamic range of the amplifier (A-weighted, 0.5%2)) � 98 dB.
Dynamic range of the amplifier (A-weighted, 5%2)) � 117 dB
動作電圧 (P48, IEC 61938)......................................................48 V ± 4 V
消費電流 (P48, IEC 61938).............................................................3.2 mA
接続コネクタ.......................................................................................XLR3F
重量..........................................................................................................825 g
径............................................................................................................78 mm
長さ..................................................................................................... 165 mm