I_Cat_D.jpg

NEUMANN > 製品情報 > KMR 81 i
KMR 81 は、受け入れ角度内に存在する周波数に左右されない高指向性を持つショットガン マイクロフォンです。
利点は、音源、たとえば、ステージ上の俳優が、エリア内で動いたときでも、音色バランスが変わらないことです。


画像のエラスティックサスペンションは、現在生産終了しております。


特徴
• ショットガン指向特性のインターフェアランスチューブ マイクロフォン
• インターフェアランス/ 圧力傾斜型トランスデューサー
• 側面と後面からの音を高減衰
• 90°/ 45°の録音範囲
• 切換式フィルターとプリアッテネーション機能
• 広範囲な屋外用アクセサリー
• 軽量:145 g / 250 g


アプリケーション
ショットガン マイクロフォンは、十分に大きなシグナルレベルを得るために、音源に望む距離以内にマイクロフォンを配置できないような状況下で録音する場合に特に便利です。
典型的なアプリケーションは、フィルムやビデオの録画で、マイクロフォンを画像に映せない場合です。
KMR81 は、特にENG のために設計されています。



音響的な特徴:
原則として、Neumann のショットガンマイクロフォンは、圧力傾斜型トランスデューサーと干渉チューブの組み合わせを使用しています。周波数の波長がチューブの長さよりも長い場合は、マイクロフォンは圧力傾斜型トランスデューサーとして働きます。
高い周波数ではそれらは横からの音のための干渉トランスデューサーとして動作します。オフ軸の音源は、色付けすることなくレベルを下げてピックアップされます。
したがって、マイクロフォンはオーケストラの個々の楽器の録音にも適しています。
いくつかのショットガンマイクロフォンのピックアップエリアは、たとえば、大舞台で録音中に少しも問題を引き起こすことがないようにするために、オーバーラップさせることもあります。
KMR 81 は、同じような高指向性のKM 150 ミニチュア マイクロフォンと比較すると、ウインドやポップ ノイズに敏感ではありません。両方のショットガンマイクロフォンの特徴は、非常に低い固有ノイズ、優れたインパルス応答と高出力レベルです。



ポーラー パターン:
KMR 81 は、高い指向特性をもったショットガン マイクロフォンです。
マイクロフォンカプセルは、音響的にオープンであるが高流動抵抗のハウジングチューブの内側に配置されています。
マイクロフォンのポーラーパターンは、ローブ形です。側音の減衰は、実際には周波数によります。
KMR 81 iは、プログラム素材の音調バランスを決定するオーディオシグナルをピックアップ角度90°内で周波数が独立した指向性を持っています。



フィルターとアッテネーション:
マイクロフォンは、接続された機器の入力のオーバーロード防ぐために、10 dBのアッテネータ スイッチを持っています。
2 番目のスイッチは、200Hz のハイパス フィルターをアクティブにします。マイクロフォンの低周波数の感度を50 Hz で約15 dB 減衰します。200 Hz 以上の周波数には影響はありません。



ロケーションでの使用:
ショットガン マイクロフォンは、非常に高い出力機能と非常に低い雑音レベルを特徴としています。
低消費電力、軽量そして風やハンドリングノイズには低感度であり、それらは屋外でのニュース取材に理想的なツールです。
小さな寸法、バランスの取れた重心は、しなることなく簡単に扱えます。
ただし、屋外や強風下の条件では、( 標準で付属している) ウインドスクリーンを付けて使用することをお勧めします。ウインドスクリーンは、ポリウレタン フォーム製です。
手持ちでの使用のために、ハンドルとエラスティックサスペンションがご利用いただけます。


テクニカル データ
音響的動作原理.............................................インター フィアレンス、トランスド
指向特性......................................................... スーパーカーディオイド/ローブ
周波数特性.............................................................20 Hz...20 kHz
感度 1 kHz を1 kΩ負荷で.....................................18 mV/Pa
レーテッド インピーダンス............................................. 150 Ω
レーテッド 負荷インピーダンス..................................1000 Ω
S/N 比, CCIR1) (rel. 94 dB SPL).........................................71 dB
S/N 比, A-weighted1) (rel. 94 dB SPL)...........................82 dB
等価ノイズ レベル, CCIR1).................................................23 dB
等価ノイズ レベル, A-weighted1).............................. 12 dB-A
最大 SPL for THD 0.5%2) ................................................ 128 dB
最大 SPL for THD 0.5% プリ-アッテネーション入り2) ..... 138 dB
最大出力電圧....................................................................900 mV
マイクアンプのダイナミック レンジ (A-weighted)................ 116 dB
動作電圧 (P48, IEC 61938)..................................... 48 V ± 4 V
消費電流 (P48, IEC 61938)............................................. 0.8 mA
接続コネクタ....................................................................... XLR3F
重量.......................................................................................... 145 g
径............................................................................................ 21 mm
長さ......................................................................................226 mm