I_Cat_D.jpg

NEUMANN > 製品情報 > M 147 Tube
M 147 Tube は、カーディオイド特性の真空管式 コンデ ンサー マイクロフォンです。このマイクロフォンのハー トは、いまや伝説的な祖先、U 47 と M 49 このモデルか ら継承された K 47/49 デュアル ダイヤフラムのカプセル です。

カプセルの次には、インピー ダンス変換器として機能す るチュ-ブです。次の段階は非常に低い固有ノイズレベ ルを保証する、効率的なトランスレス出力回路です。注: 最先端のソリッドステート回路を伴った現代のチューブ 技術のこの革新的な組み合わせは、M 149 Tube マイク を 1997 年 TEC 賞の授与に決定的でした。
M 147 Tube は、オーディオシグナルの品質に影響を与え ることなく、非常に長いマイク ケーブルを使用すること ができます。

カーディオイドの指向特性です

別途費用が掛かりますが、オーダー時にハンドセレクトによる連続シリアルNo.でのステレオペアでの調整が可能です


アプリケーション:
M 147 Tube が、特にボーカル マイクとして適すように、 有名なカプセルは、チューブの特徴に敬意を表するとと もに製作しております。そのうえ、それはすべての種類 の楽器のためにも素晴らしいスポット マイクです。
そのチューブ回路の非常に低い固有ノイズは、マイクを アナログやデジタルの近代的なレコーディング チェーン で使用するために、完全に適するようにしました。



音響的な特徴:
M 147 Tube は、マイクロフォン ボディに菱型の Neu- mann 社のロゴが付いている側にアドレスします。黒色の ロゴは、チューブ マイクロフォンであることを識別しま す。カプセルは、U 47 で使用されていたものに相当し、 サウンドの特性を決定づける決定的な要因です。それは ミッドレンジまでは、フラットな周波数レスポンスで、2 kHz 以上は 3 dB ほどブーストしています。ヘッドグリル のデザインは、U 47 の小型版です。それはポッピングと ウインドノイズに対して、カプセルを効果的に保護しま す。



ポーラー パターン:
M 147 Tube は、特有なカプセルデザインにより、スーパー カーディオイドの性質のカーディオイド指向特性です。高い 周波数で、パターンはより指向性になります。この新しい チューブ マイクロフォンは、U 47 とその後継機 U 47 fet に 非常に似ています。



電気的な特徴:
他のマイクロフォンと比較すると、M 147 Tube に使用さ れているインピー ダンス変換は、わずか 12 dB-A / 24 dB CCIR weighted という、非常に低い固有ノイズによって区 別されます。
最近発売された M 149 Tube と同様、新しい M 147 Tube は最新の回路と特別に選別した真空管 ( トライオード ) を 結合させています。この手法は、チューブの特別な伝送 特性を最大限に活用し、着色や不要な副作用なしで、カ プセルで処理されたオーディオシグナルをマイクロフォ ン出力へパスします。

チューブは、その後のエレクトロニクスからの可能な影 響を防止するため、約 10 dB ほどカプセルのシグナルを 増幅します。M 147 Tube は、高出力電圧を提供し、した がって信号の劣化なしで全長 300 m のマイク ケーブルを 使用することができます。

チューブの理想的な動作状況 ( 陽極電流とヒーター電圧 ) は、その寿命の間維持されます。センサーのリードは、 マイクロフォン ケーブルを介して発生するすべての電圧 ドロップを検出し、N 149 A 電源部内でそれを補正します。

チューブは、長寿命を保証するために、逆電流を制限しながら使用して徐々に温めます。安全な操作カプセルと回路全体の両方は、 あらゆる構造物ノイズを防ぐ ために、衝撃吸収をもっ て取付けられていま す。その広い動作範囲のため M 147Tube は、 歪 みのない超低周波シグナを再現できます。これは、マイクロフォンが構造物ノイズまたはウインドノイズによって起こる不要なLF 干渉に敏感でもあることを伴っております。 可能な限りシグナルの劣化を回避するために、我々は EA 1 エラスティック サスペンショ ンと WS 87 ウインドスクリーンをアクセサリーとして提 供しています。

ボーカルのようなクローズ マイキングには、PS 15 また は PS 20 a ポップスクリーンの使用をお勧めします。アク セサリー カタログで詳細な情報を見つけることができま す。



フィルター:
M 147 Tube マイクの電子回路は、20 Hz から 20 kHz 以 上までフラットな周波数レスポンスを持っています。カプセルの特質のみが、マイクロフォンの独特なサウンド 特性を決定します。


N 149 A パワーサプライ:
N 149 A ユニバーサル電源部は、すべての国の電圧で動 作します。AC 電圧は 100 V ~ 240 V、50 または 60 Hz 対応します。電源は IEC 320 準拠の電源ソケットを 介して接続されます。M 147 Tube セットの 3 つ のバージョン間の唯一の違いは、同梱の電源 コードだけです。注 : N 149 V 電源は M
147 Tube マイクロフォンと完全に互 換性があります。




音響的動作原理.................................圧力傾斜型トランスデューサー
指向特性.............................................................................. カーディオイド
周波数特性............................................................................. 20 Hz...20 kHz
感度1 kHz を1 kΩ負荷で..........................................................20 mV/Pa
レーテッド インピーダンス............................................................... 50 Ω
レーテッド 負荷インピーダンス................................................. 1000 Ω
S/N 比, CCIR1) (rel. 94 dB SPL)......................................................... 70 dB
S/N 比, A-weighted1) (rel. 94 dB SPL)........................................... 82 dB
等価ノイズ レベル, CCIR1)................................................................. 24 dB
等価ノイズ レベル, A-weighted1)...............................................12 dB-A
典型的な SPL (チューブの特性)2):
for < 0.5% THD (for < 5% THD)....................................... 114 (134) dB
最大出力電圧....................................................................................... 8 dBu
マイクアンプのダイナミック レンジ:
(A-weighted) for < 0.5% THD (for < 5% THD)...........102 (122) dB
パワーサプライ.................................................パワーサプライ N 149 A
マイクロフォン接続コネクタ......................................................... DIN 8F
出力コネクタ.......................................................................................XLR3F
重量..........................................................................................................460 g
径............................................................................................................57 mm
長さ..................................................................................................... 142 mm