I_Cat_D.jpg

NEUMANN > 製品情報 > KK 145
KK シリーズ マイクロフォン カプセルは、8種類用意しており、KM A アナログ出力部またはKM D デジタル出力部と組合せて使用します。


KK 145:
アコースティック低域ロールオフのカーディオイド指向性、圧力傾斜型トランスデューサー
フリーサウンドフィールドでのアコースティック低域ロールオフは、低周波干渉 (ウインドノイズ、構造音など) を抑制するため提供しています。
物理的に圧力傾斜型マイクロフォンによって決定される近接効果は、マイクロフォンが約15 cmの距離に位置したとき、フラットな周波数特性 (“スピーチ カーディオイド”) が生じます。

KK 145..........8595 ニッケル
KK 145 nx.....8596 ネクステル

ウッドケース付
このカプセルでのセット品は用意しておりませんので、カプセルと出力部を個別にご購入して戴くことになります。

アプリケーションヒント
• 近接効果を自然に補償します
• テレビ、映画、ビデオ、PAでのような音声のクローズマイキング中、音色バランスが非常にニュートラルです。
• コントラバス、ベースアンプ、ギターアンプ、レスリースピーカー、タムなどの低音域楽器のクローズアップに使用すると、非常に中性的になります。