I_Cat_D.jpg

NEUMANN > 製品情報 > U 67 Set
1960年代のサウンドを定義したチューブマイクロフォン
そのオリジナルが復刻
◆ クラシックな真空管回路と平衡型トランス
◆ 3 つの 極性パターンのバランスのとれたサウンド
◆ 細心の注意を払いオリジナルの仕様を再現
◆ ドイツで手作りされたビンテージケース


何度も模倣されながら、誰も再現できなかったオリジナル:
1960 年に発売されて以降、U 67 は現代音楽の形成期を通じ、スタジオにおける主力のマイク
ロフォンとして幅広く活躍しました。いま、U 67 だけが持つ滑らかなサウンドはかつてないほ
ど需要が高まっています。そして数十年ぶりに、Neumann のこの伝説的なチューブマイクロフ
ォンが、オリジナルの仕様のまま復刻しました。


RETURN OF A LEGEND:
傑作として名高い Neumann の U 47 の後継機が、それにふさわしくないようなマイクロフォン
では普及することはなかったでしょう。ですが U 67 はスタジオの新しいスタンダードとしてすぐ
に浸透しました。前機種より優れた点がいくつもあったからです。選択可能な 3 つ種類の極性
パターン、高度な真空管回路、ローカットとパッドスイッチ、これらが NeumannU 67 をあらゆ
るレコーディングに十分に対応可能なマイクロフォンとして確立しました。そしてそれは今でも
変わることはありません。今でも、多くのトップクラスのエンジニアが「もし無人島にマイクを 1
本持っていくとしたら」という質問への答えとして、驚くべき汎用性と比類ないサウンド品質を
備えた U 67 の名を挙げています。


Neumann エンジニアリングの頂点:
U 67 は、あの名高い K 67 カプセルを搭載したはじめてのマイクロフォンです。K 67 カプセルは
「 Neumann サウンド 」と結びつけて語られるようになり、U 67 の後継機種である U 87 A にも
搭載されました。同じく忘れてはならないのが、U 67 の見事なプリエンファシスとデエンファ
シスによるヒス音の最小化を実現した傑作真空管回路です。そして U 67 は、クローズマイキン
グをはじめとする現代のレコーディング技術に対応したはじめてのマイクロフォンでもあります。
近距離のレコーディングで生じる近接効果を補正するローカットフィルターの切り替えが可能で
す。プリアッテネーションを使うことで、U 67 は最大 124 dB の高い音圧レベルを歪みなしに扱
えます( 若干の「 真空管のざらつく音 」を許容できればそれ以上も可能です )。
時代を超えたサウンドと技術設計、外観デザインを兼ね備えます。U 67 のコーン型ボディとテ
ーパー型ヘッドグリルのエレガントなデザインはソリッドステートの後継機、U 87 に受け継がれ、
50 年以上にわたり Neumann ブランドの象徴となっています。


用途:
U 67 はユニバーサルな汎用スタジオマイクロフォンとしてあらゆる用途に最適です。滑らかな
トップエンドとわずかな真空管のシマーが、U 67 をボーカルマイクロフォンの傑作機として確立
しております。無指向性、カーディオイド、双指向性の 3 つの極性パターンにおいて基本的に
リニアな応答特性を持っているため、U 67 は弦楽器や木管楽器、金管楽器、ピアノ、ドラム、
アコースティックギター、エレキギター、ベースギター、アップライトベースなど、あらゆる楽器
に対応した非常に汎用性の高いマイクロフォンでもあります。


歴史は繰り返す:
復刻した U 67 のサウンドは、1960 年 ~ 1971 年にかけて作られた U 67と同じものです。両者
は同じカプセルと電子設計で作られています。BV 12 出力トランスフォーマーをはじめとする重
要部品は、オリジナルの U 67 の設計図を元に、細心の注意を払って再現されています。EF 86
の真空管は、最適な特性と最小ノイズを達成するため、専門の測定機関で慎重に選ばれてい
ます。また、今日の厳しい安全要求を満たし、新しいプレミアムグレードの真空管の若干高く
なったフィラメント電流に適合するように電源の再設計を行いました。電源 NU 67 V は、古い
U 67 マイクロフォンにも完全に対応しています。


テクニカル データ
音響的動作原理................................. 圧力傾斜型トランスデューサー
指向特性.......................................... 無指向性, カーディオイド, 双指向性
周波数特性....................................... 20 Hz...20 kHz
感度 1 kHz を1 kΩ負荷で................. 15/24/16 mV/Pa ± 1 dB
レーテッド インピーダンス.................. 200 Ω
レーテッド 負荷インピーダンス............. 1000 Ω
S/N 比, CCIR1.................................... 32/28/31 dB
S/N 比, A-weighted1........................... 21/17/20 dB-A
等価ノイズ レベル, CCIR2.................... 62/66/63 dB
等価ノイズ レベル, A-weighted2........... 73/77/74 dB
典型的な SPL (チューブの特性)3):
for < 0.5% THD.................................... 114 dB (cardioid)
for < 0.5% with preattenuation THD...... 124 dB
最大出力電圧......................................... -9.8 dBu
パワーサプライ...................................... NU 67 V
マイクロフォン接続コネクタ.................... spec. 7pin, Power
出力コネクタ......................................... XLR3F
重量.................................................... 560 g
径........................................................ 56 mm
長さ..................................................... 200 mm