I_Cat_D.jpg

NEUMANN > 製品情報 > MS_Technique
USM 69 i を使用する場合の設定について

Neumann のUSM 69 i を使用する際、これまで多用されていました Z-140/Z-240 マトリックス トランスフォーマーの生産終了に伴い、接続方法も変わりました。USM 69 i は、(別売りの分岐ケーブルAC 20 などを利用して)ファンタム48V供給可能な2本のマイクロフォン入力に接続できます。
然しながら、M(ミッド)/S(サイド) レコーディングする場合には、他社製のM/S デコーダーもしくはマトリックスアンプ、更には2本分のファンタム電源も必要かもしれません。

ここでは、一番多く使用されているM/S での使用方法や、その他のステレオテクニックで、USM 69 i を使用する場合に注意して戴きたい事項を纏めました。

MS レコーディングの特徴
MS シグナルフォーマットは、メイン インフォメーションのミッドチャネルと空間的に寄与するサイド チャネル間の最適なバランスを設定する手段を提供します。もし、オリジナルのMS シグナルがレコーディングされている場合、このバランス修正は後々の再処理中でさえ、インフォメーションをロスすることなく実行することもできます。

MS のシグナルフォーマットは、良く知られているように、X = M + S, Y = M – S の法則に従ってシグナルを加減することによって XY フォーマット(すなわち: 標準のLRステレオ) に変換できます。S シグナルの割合は、空間的な効果に影響を与え、レコーディング状況に応じて、その都度調整する必要があります。
故にサウンドの印象を、その場で決定してしまうことを避けることができるように、USM 69 i にはマイクロフォン内に MS-XY マトリキシングを内蔵しておりません。


USM 69 i のピン配列
USM 69 i には上下に2個のカプセルが取付けられており、XLR 5 コネクターそれぞれに、下記のシグナルが出力されます。
Pin 1 = Casing/ground
Pin 2 = 下段カプセル (黄) (+) M または L チャンネル (+)
Pin 3 = 下段カプセル (黄) (-) M または L チャンネル (-)
Pin 4 = 上段カプセル (赤) (+) S または R チャンネル (+)
Pin 5 = 上段カプセル (赤) (-) S または R チャンネル (-)
M/S 時はミッド(M)とサイド(S) チャンネル、XY 時は L と R チャンネルの出力となります。


MSステレオ録音時のセッティング
USM 69 i の上部カプセルは、マイクロフォンの正面から見て、反時計回りに180°、そして時計回りに90°回転します。
USM 69 i をM/S で使用するときには、下段カプセル(“Mid”チャンネル)を、黄色のロータリースイッチにてカーディオイド にセットし、上段のカプセル(“Side”チャンネル)は、赤色のロータリースイッチを双指向性 8 にセットしてから、上段のバスケットのリムにある●黒点を反時計回りに 90° (Neumann エンブレムやロータリースイッチがある正面から●黒点を見ると右方向へ)回転させます。

天井などから吊るして、カプセルを下に向けて設置する場合には、USM 69 i の左右が反対になりますので、上段のバスケットのリムにある●黒点を(時計回り) 左に( - 90°:フル)回転させます。

USM 69 i をM/S に設置するときは、Neumann エンブレムやロータリースイッチのある面が、音源方向を向いている必要がありますので、必ず確認してください。



さらに、マトリックス アンプや、マトリックス回路がミキシング コンソールで使用できない場合の、3 フェーダー メソッドは、下図を参照にしてマトリキシングを実行します。

Neumann のAC 20 分岐ケーブルを使用している場合は、黄色のスリーブが付いたXLR の出力、M シグナルを、ミキシング コンソールの最初のマイクロフォン チャンネルに接続して、パンをセンターにします。AC 20 の赤いスリーブのXLR のS シグナルは、更にパラ出力して(またはコピーして) 2番目と3番目のチャネルに接続します。

2番目のチャネルのパンはレフトに目一杯振り、3番目のチャネルは逆に目一杯ライトにパンニングし、更に位相を反転させます(位相反転は位相反転スイッチを使用したり、または位相反転ケーブルを使用したりして行います)。
ファンタム48Vは、最初と2番目のチャンネルから供給します。もし、(他社製のマトリックスアンプを使用しているなどのため) ミキシング コンソールから直接 P48 が供給できない場合には、Neumann N 248 などの外部パワーサプライを使用して、その出力を上記のように接続してください。(他社製のマトリックスアンプなどを使用している場合には、その説明書も参照してください。)

(S シグナルのレベルを正しく設定するには、2番目のチャンネルのパン コントロールを一度センターに戻し、メインフェーダーを通常のレベルにセットし、プリセットで適切なレベルをセットします。それから、3番目のチャンネルのパン コントロールもセンターにセットし、メイン フェーダーも2番目のチャネルと同じレベルにセットしてから、シグナルが完全に消えるまで、3番目のチャンネルのプリ-セットを調整します – 2つのチャンネルは、これで同じレベルにセットされ – ここでパンは、通常の操作のために2番目のチャンネルは目一杯レフトに、3番目のチャンネルは目一杯ライトに振り分けます)。
2番目と3番目のチャンネルは、(メカ的または電気的に結合され一緒に) 1本のフェーダーとしてコントロールされます。ステレオ幅は、相対的なレベルによってコントロールされます - サイドが少ないと狭いイメージで、サイドが多いとより広いイメージとなります。例として図に示すように、フェーダーで 3 dB の違いが、結果として 1:1 の比率マトリキシングとなります。(あくまでも目安ですので、状況に応じて調整してください)。

前記の指示の通りカプセルを -90° 回転させないで、マイクロフォンを吊り下げてしまった場合には、左右が反転している状態になっていますので、応急処置としてM シグナルを接続したチャンネルの位相を、反転させてみてください。

詳細は下記 PDF ファイルをご覧ください


アクセサリー
• AC 20: Y-ケーブル XLR-5F / 2 x XLR-3M, 1 m 長
XLR 5 F --------------------- 2 x XLR 3 M
Pin 1 = Casing/ground ----- Pin 1 = Casing/ground
Pin 2 = --------------------- Pin 2 = (黄) (+) M または L チャンネル (+)
Pin 3 = --------------------- Pin 3 = (黄) (-) M または L チャンネル (-)
----------------------------- Pin 1 = Casing/ground
Pin 4 = --------------------- Pin 2 = (赤) (+) S または R チャンネル (+)
Pin 5 = --------------------- Pin 3 = (赤) (-) S または R チャンネル (-)


•N 248: パワーサプライ
N 248 は、1 本のステレオマイクロフォン、または2 本のモノ コンデンサー マイクロフォンに48 V ファンタムパワー(P48)を供給します。すべてのコネクターはXLR 3 タイプです。オーディオ出力はDC フリーです。標準の動作では、ケーブル長300 m まで可能です。
P 48 にセットして、48 Vで動作するすべてのマイクロフォンに使用できます。


USM 69 i をX-Y やBlumlein テクニックにて使用する場合にも、下記のPDF ファイルをご参考にして設定してください。


ダウンロード