I_Cat_D.jpg

NEUMANN > 製品情報 > KMS104/104plus,KMS105
KMS 104/104 plus とKMS 105 マイクロフォンは、厳しい条件のライブ ステージでの人間の声を最適に伝送するために開発されました。KMS シリーズは、ファーストクラスのステージ マイクロフォンとして国際的に認められた標準となっています。
マイクロフォンの高解像度と滑らかな周波数レスポンスは、ミュージシャンがステージ パフォーマンスでいつでも最適なコントロールができることを保証します。
特に、低固有ノイズと色づけのないクロストーク反応により、KMS マイクロフォンはイン- イヤー モニタリング システムとの使用に最適です。
KMS 104 とKMS 104 plus は、マイクロフォンの背面からのサウンドに対して、最高の抑制を提供するカーディオイド指向特性をもつコンデンサー マイクロフォン カプセルを採用しています。対照的に、スーパーカーディオイド特性のKMS105 は、特にマイクロフォン背面180°の半球からくるサウンドをよく抑制します。
KMS 104 plus の特徴は、KMS 104 と比較して、より低域の周波数レスポンスが拡張されています。プロのミュージシャンとの緊密な協力により、広範な実用的なテストができたことで、KMS 104 plus はロックやポップの分野での女性の声の必要条件を満たすべく、特別に最適化されました。



特徴
• ステージ上のNeumann.サウンド
• ボーカル/ スピーチ用の.優れた透明性
• 優れたフィードバック除去を発揮する、カーディオイド/ スーパーカーディオイド ポーラー パターン
• 軸から外れても着色なし
• トランスレス出力
• 副作用のない効果的なポップ シールド
• セットは、スタンドクランプが付属


音響的な特徴:
マイクロフォンで使用されているスタジオ コンデンサー カプセルのバージョンは、人間の声のすべてのニュアンスを伝送するための基礎を提供します。ダイナミックカプセルで動作する他のハンドヘルド マイクロフォンと比較してKMS シリーズは、特に高いアコースティックの透明性、広い周波数範囲とトランジェントの高解像度を備えています。
KMS マイクロフォンには、丁寧に調整されたアコースティック フィルターと非常に高い音圧レベルを処理することができるトランスレスのインピー ダンス コンバーターがあり、強烈な破裂音によっておこる、オーバーロードからマイクロフォンを防ぎます。
優れたポッププロテクションにもかかわらず、コンデンサー マイクロフォン特有の自然なアクセント
と伴って歯擦音や“S” のサウンドが伝送されます。さらに、カプセルの独特な指向特性が低音の範囲でも維持されるように、前記アコースティックフィルターが設計されています。したがって、これらがステージのサウンドシステムで使用されるとき、フィルターはKMS104/104 plus そしてKMS 105 ボーカル マイクロフォンの高レベルのフィードバックプロテクションを保証します。



電気的な特徴:
ボーカル マイクロフォンは一般的に近距離で使用されますので、マイクロフォンの低域周波数レスポンスのために、それぞれのカプセルの近接効果のために電子的な補償が使用されます。
加えて、マイクロフォンには、120 Hz (-3 dB、フリーサウンド フィールドで測定) のカットオフ周波数の不変ハイパス フィルターを内蔵しています。KMS マイクロフォンのダイナミック レンジは132 dB あり、最大音圧レベルは150 dB です。
わずか18 dB-A の低固有ノイズレベルが、マイクロフォンをノイズの追加というリスクなしに、高ゲインレベルで使用することを可能にしました。したがってかなりの距離でさえ、マイクロフォンは高S/N 比で動作し、アーティストにとって重要な自由に動けることと創造性を促進します。
トランスレス出力回路により、マイクロフォン シグナルは、サウンドをロスすることなく長いケーブルで伝送できます。



メカニカルな特徴:
ステージ上で使用するためのマイクロフォン設計は、特に頑丈な構造を要求されます。したがって、KMS 104/104 plus とKMS 105 は、ハンドリング ノイズに対して効果的に保護を提供する、厚い金属製ハウジングです。
マイクロフォン ヘッドグリルは、硬化鋼で作られています。必要に応じて、それらは内部アコースティックフィルターのクリーニングができるように、簡単に外すことができます。



梱包内容:
KMS 104/104plus、そしてKMS 105 マイクロフォンは、適合するスタンドクランプと共に、ツアーリングにも十分耐えうる魅力的なパッド入りナイロンバッグが付いています。


テクニカル データ
音響的動作原理................................ 圧力傾斜型トランスデューサー
指向特性.............................カーディオイド/スーパーカーディオイド
周波数特性........................................................................... 20 Hz...20 kHz
感度 1 kHz を1 kΩ負荷で...................................................4.5 mV/Pa
レーテッド インピーダンス...............................................................50 Ω
レーテッド 負荷インピーダンス.................................................1000 Ω
S/N 比, CCIR1) (rel. 94 dB SPL)........................................................66 dB
S/N 比, A-weighted1) (rel. 94 dB SPL)..........................................76 dB
等価ノイズ レベル, CCIR1)................................................................28 dB
等価ノイズ レベル, A-weighted1)............................................. 18 dB-A
最大 SPL for THD 0.5%2) ................................................................ 150 dB
最大出力電圧.....................................................................................12 dBu
マイクアンプのダイナミック レンジ (A-weighted)..............................132 dB
動作電圧 (P48, IEC 61938)..................................................... 48 V ± 4 V
消費電流 (P48, IEC 61938).............................................................3.5 mA
接続コネクタ........................................................................................XLR3F
重量..................................................................................................... 約300 g
径............................................................................................................48 mm
長さ..................................................................................................... 180 mm