I_Cat_D.jpg

NEUMANN > 製品情報 > TLM 103 D
TLM 103D ラージダイアフラムデジタルマイクロフォン
長年、TLM 103Dのアナログのバージョンは、意欲的なホームレコーディングやプロジェクトスタジオのために、重要な役割を演じてきました。このマイクロフォンは、オーディオエンジニアやミュージシャンの広範囲にわたる要求に応えられる、Neumannサウンドを提供します。上述のデジタル回路技術の長所に加えて、TLM 103Dは、そのアナログのTLM 103のすべてのサウンドキャラクターを提供します。


TLM 103 D テクニカルデータ
音響トランスデューサー: 音圧傾斜型トランスデューサー
指向特性: カーディオイド

周波数特性: 20 Hz ~ 20 kHz
フリー-フィールド感度1): -39 dBFS
等価ノイズレベル, CCIR3): 17.5 dB
等価ノイズレベル, A-weighted3): 7 dB-A
S/N 比2), CCIR3): 76.5 dB
S/N 比2), A-weighted3): 87 dB
最大音圧 0 dBFS時: 134 dBSPL
ダイナミックレンジ, A-weighted3): 127 dB

プリセット:
- サンプリング周波数: 48 kHz
- ゲイン: 10 dB
- コンプレッション オン, アタック タイム 100 ms, リリース タイム0.5 s, スレッショルド –10 dBFS, レシオ 2:1

動作電圧範囲: +6 V to +10,5 V
消費電流: 最大150 mA

重量: 約460 g, 径: 60 mm, 長さ: 132 mm


A