I_Cat_D.jpg

NEUMANN > 製品情報 > TLM 170R
TLM 170 R は、成功したfet 100 の技術を使用した最初のマイクロフォンでした。それはバランス型とともに、トランスレスの出力段は、とても低い固有ノイズと印象的なダイナミックレンジを特徴とします。

5 種の指向特性は、ロータリー スイッチによって選択可能です。“R” とマークされた、6 番目の位置で、指向性パターンはN 248 電源により、リモートでコントロールすることができます。この目的のために、特別なケーブルは必要ありません。

マイクロフォン背面には、非常に高い音圧レベルのための10 dB アッテネータ スイッチと、構造物ノイズを抑制するハイ- パス フィルターを持っています。

バリエーション
TLM 170 R ................................................................ni ............007165
TLM 170 R mt ...........................................................blk ..........007166
TLM 170 R Stereo set ................................................ni ............008503
TLM 170 R mt Stereo set ...........................................blk ..........008504


付属品
TLM 170 R/TLM 170 R mt:ダストカバー、木箱
Stereo set:2 X ダストカバー、EA 170 、アルミケース


• ローカルおよびリモートコントロールされるラージ ダイヤフラム マイクロフォン
• ダブル振動膜カプセルの圧力傾斜型トランスデューサー
• 5 種の指向特性:無指向性、ワイドアングル カーディオイド、カーディオイド、ハイパーカーディオイド、双指向性
• 指向特性をローカルとリモートで切替する特許取得回路
• 切り替え可能な低周波数ロール- オフと10 dB のプリ- アッテネーション
• チルト可能、弾力性のブラケット マウント


アプリケーション:
TLM 170 R コンデンサー マイクロフォンは、複数のポーラー パターンのラージ ダイヤフラム マイクロフォンです。そのサウンドは、異なった個性をもつNeumann の他のマイクロフォンのいくつかと対照的に、非常に透明な特性を持っています。

したがって、このマイクロフォンは、プロのレコーディング スタジオで、放送や映画、テレビでの多くの多様なアプリケーションのために、そしてセミプロの制作のために使用されます。ポーラー パターンは、マイクロフォン自体で、または特別なN 248電源を経たリモートコントロールのいずれかで選択できます。



音響的な特徴:
マイクロフォンは、Neumann ロゴマークの付いた、正面から正対します。

ヘッドグリル内部のラージ ダイヤフラム カプセルは、広い受け入れ角度のすべてのポーラー パターンで、非常にスムーズな周波数レスポンスを持っています。カーブは、ピックアップ角± 100°以内で10 kHz までフラットで、0°の周波数カーブと同じです。

結果としてTLM 170 R は、すべてのポーラー パターンのために、非常に均一なデフューズ フィールド レスポンスをもっています。多くの反射が異なる方向からマイクロフォンに到着するような残響のある環境では、これは重要です。マイクロフォンでレコーディングされるとき、アコースティック情報はその音調品質に影響しません。この特性は、補正の共鳴効果に頼ることなく達成されます。

したがって、マイクロフォンは、着色なく音楽や声のすべてのトランジェント現象を再現する素晴らしいインパルス特性を維持します。

カプセルは、その操作を妨げる可能性があるすべての構造物ノイズを減衰するために、弾力性をもってマウントされています。



ポーラー パターン:
通常の指向性ポーラー パターン:無指向性、カーディオイド、双指向性に加えて、ハイパーカーディオイドとワイドアングル カーディオイド特性を追加しました。通常のカーディオイド パターンと比較して、ハイパーカーディオイド特性は横方向からのサウンドを効率的に抑制します。ワイドアングル ポーラー パターンは、特に大規模な音源を録音するときに便利です。




リモート コントロール:
N 248 は、ファンタム電源の電圧を変化させることにより、リモートでポーラー パターンをコントロールします。その範囲は、ノミナル48 V 値の± 3 V です。(DIN 規格準拠の±4 V の範囲が許容値です)。
マイクロフォンにあるロータリー スイッチをR (= リモートコントロール) 位置にする必要があります。このスイッチ位置で、TLM 170R マイクロフォンはファンタム電源の絶対値を分析し、対応するポーラー パターンを選択します。標準的な3 ピンのマイクロフォンケーブルが使用され、そして従来のマイクロフォンの操作と類似しています。ケーブルの長さは、最大300 m (1000 フィート) まで可能です。



電気的な特徴:
頭文字“TLM” は、“トランスレス マイクロフォン” を表します。TLM の技術により、従来の出力トランスは電子回路に置き換えられました。
従来の出力トランスのように、優れたコモンモードの拒絶を保証し、バランス型オーディオ シグナルに影響を与えるRF 干渉シグナルを防ぎます。



安全な操作:
ダイアフラムを含む、カプセルのすべての露出した表面は、グランド電位にあります。このテクノロジーは、電気および大気の干渉と微細な塵粒子を介した汚染に対して、高い免疫があります。



フィルターとプリ- アッテネーション:
TLM 170 R マイクロフォンは、接続されるユニットの入力がオーバーロードになることを防ぐために、10 dB のプリ- アッテネーション スイッチを備えています。背面にある2 つ目のスイッチは、望まない構造物ノイズを抑制するために、100 Hz 以下の周波数レスポンスを低減させます。



スタンドへの取付け:
TLM 170 R には、ブームやスタンドにマイクロフォンを取付けるためのチルティング サイド ブラケットが付属しています。ブラケットには、メカニカルショックからマイクロフォンを効果的に保護する、ラバーエレメントを備えております。

必要に応じて、それはマイクロフォンの他の側にも同様にマウントできます。

IC 4 ケーブルを使用する場合 ( たとえばMNV87 オーディトリウム ハンガーを使い天井からマイクロフォンを宙吊りするとき) は、ブラケットとそのホルダーを外す必要があります。
マイクロフォンは、ケーブルのスイベル マウント コネクタに接続できます。


音響的動作原理................................圧力傾斜型トランスデューサー
指向特性......................... 無指向性, ワイドアングル カーディオイド, .
カーディオイド, ハイパーカーディオイド, 双指向性
周波数特性............................................................................20 Hz...20 kHz
感度 1 kHz を1 kΩ負荷で...................................................... 8 mV/Pa
レーテッド インピーダンス.............................................................. 50 Ω
レーテッド 負荷インピーダンス................................................ 1000 Ω
S/N 比, CCIR1) (rel. 94 dB SPL)........................................................68 dB
S/N 比, A-weighted1) (rel. 94 dB SPL)..........................................80 dB
等価ノイズ レベル, CCIR1) ...............................................................26 dB
等価ノイズ レベル, A-weighted1) ........................................... 14 dB-A
最大 SPL for THD 0.5%2) ............................................................... 144 dB
最大 SPL for THD 0.5% プリ-アッテネーション入り2) � 154 dB
最大出力電圧....................................................................................10 dBu
マイクアンプのダイナミック レンジ
(A-weighted).................................................................................... 130 dB
動作電圧 (P48, IEC 61938).....................................................48 V ± 4 V
消費電流 (P48, IEC 61938)...............................................................3 mA
接続コネクタ......................................................................................XLR3F
重量.........................................................................................................625 g
径...........................................................................................................60 mm
長さ.................................................................................................... 152 mm